☆彡女の子への挨拶を忘れずに

女の子は、お金をもらう立場ですが、お客さんはその女の子から極上のサービスを受ける立場なのです。
しかし女の子を人間扱いしないで良いということではないのです。あなたがどんなに人とは変わった性癖を持っていたとしても、デリヘルでしたらきっと叶えることが出来るハズです。
思わず「最高!」と叫んでしまいそうになるデリヘルで、快楽の一時をお過ごしてください。
あなたが今利用をしているそのデリヘルだけで満足のいくプレイをすることが出来ていますか?
さらに最高の快楽を求めているのでしたら、当サイトのデリヘル情報は要チェックです。
どんなことでも初対面で挨拶をしない人はいないかと思いますが、それはデリヘルでも同じことなのです。
挨拶をしない時点で、女の子は貴方のことを嫌になってしまうのは、確実なのです。
デリヘルでは部屋に女の子が来たら、まずはきちんと愛想よく、挨拶をして出迎えてあげることが大切なこととなります。
よく無愛想な表情のまま、全く喋ること無く無言で女の子を出迎える男性がいますがそれはNGです。

 



☆彡女の子への挨拶を忘れずにブログ:18-1-2021

ぼくの今年の目標は、
「ストレスを溜めない!」ことです。

ぼくのストレスとの付き合いは、
すごく長期間に渡ります。

ストレスのために、
胃薬に頼ったこともあります。

ストレスのために、
寝てる間も歯を食いしばり過ぎて、
朝方起きてもクチがいつものように開かないときもありました。

ストレスのために、
マブタが痙攣したことも…

こういったような肉体に出る症状もありましたが、
日々の生活において慢性的なものとしては、
ドカ食い+お菓子を食べることでした。

ドカ食いをするわけですから、
咀嚼などほとんどしません。
おかずを少しつまんで、ごはんをいっぱい食べるわけです。

コロッケにソースをたっぷりかけて、
味の濃さでごはんをいっぱい食べる…なんて、
ぼくの大好物!

自分ではあまり気付いていないのですが、
隣で見ていた妻からは
「誰も取らないから、ゆっくり食べなさいよ」
と笑われたりします。
それくらい、必死に一心不乱に食べているようです。

しかも、それだけでは物足りず、
今度はお菓子に手が行きます。

スナック菓子などを手で食べると、
手が汚れて油がついてしまうので、
ごはんを食べたお箸をそのまま、
お菓子の袋におもむろに突っ込んで食べていきます。

しかも、途中で止めることができません。
「ガツガツ、ムシャムシャ…」
味などは、ほとんどわかりません。
ただただ、塩分を肉体が欲しているんでしょうか…
止まりません。

一袋無くなるまで、一気に食べ続けてしまう…
そこで、我に返って満腹感を感じるといった感じです。

そして、少し時間がたってくると
ぼくは胃もたれみたいなものに悩まされるのです。


ホーム サイトマップ