光の輪ということは、ICLを行ってから現れることがあるのです。

 

光の輪が膨らみ、それから大きくなっていくこととしますが、円の途中が途切れている場合もあげられます。

 

半分より多く欠けていることもあるのでしょう。

 

光を見つめているはずなのに、光の輪が見えない、ということもあげられます。

 

光が目に入ってくる角度によりまして光の輪にも見え方がいろんなようです。

 

視界の中央にあるあるにも左右されず、光の輪は見えない。

 

しかしていながら、視界の下、上には見えます、ということもあげられます。

 

人工的な光だけでではなく、太陽の光でもひかりの輪はできる。

 

窓に差し込む光などを見た時に、光の輪が窓の枠外に出来る場合もあります。

 

ていると、光の輪が窓枠の外側に大きく出来ることがある。

 

光源が多ければ、その数の光の輪が可視化になるでしょう。

 

ライトをつけた状態で天井を見上げると電球の数の光の輪が可視化になるんです。

 

夜の方が光の輪ははっきりと可視化になるんです。

 

夜にスマートフォンの画面を見ているとその明るさ次第で、スマホの外側部分には光の輪が見えますようになるんです。

 

外側なので、スマホの画面内の文字や動画の閲覧において邪魔になることはないです。

 

ライトが動くそしたら光の輪も同じく動きます。

 

ライトに対して光の輪が見えるので、それが動けば光の輪も動きますが、あえてライトの周りに同じ間隔でつきましていくのではありません。

 

では、どうして光の輪が見えますのだろうか。

 

それこそ、どうしてICLのレンズを入れると光の輪が見えるのだろうか。

 

そこは、レンズの中心に穴が空いてるからだ。

 

この穴は眼内を通る房水の流れをレンズが邪魔しないように、その通り道として開けられているのです。

 

この穴が眼圧が上がるのを防ぐために重要な役割をしています。

 

その代償として穴を通して映ってる視界に光の輪が見えるようになってくるのです。

 

光の輪が目に入ったら気に触るのか、我慢出来るのか、不安になるのも分かりますが、結論からいえば気になる人もいればなることはない人もいます。